【米国】自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされた黒人の遺体発見が相次ぐ ★8 [ばーど★]

1:2020/06/16(火) 16:12:11.15ID:JG8rUnwz9 https://news.yahoo.co.jp/articles/0e00e858de73db3449c1955d0cecc6f81a3580de
<白人警官に黒人が射殺されて新たな怒りに燃えるアメリカで、木に吊るされた黒人男性の死体が連続して発見され、慎重な捜査が進んでいる>
 カリフォルニア州ロサンゼルス郡の保安官事務所は6月11日、木に吊るされた遺体で発見されたパームデール市の黒人男性ロバート・フラーの死因に関する捜査状況を発表。
その後、近くのサンバーナーディノ郡の当局が、同じように木に吊るされた状態だった別の黒人男性の遺体について、捜査を進めていることを認めた。

サンバーナーディノ郡保安官事務所の広報担当者ジョディ・ミラーは本誌にあてた文書で、38歳のアフリカ系アメリカ人男性マルコム・ハーシュの遺体が、
5月31日にビクタービル市立図書館とホームレス収容所の近くにある樹木から吊り下げられた状態で発見されたことを確認した。
「詳細な死因の調査が行われている」と、ミラーは述べた。
「犯罪を示唆する兆候は現場にはなかった。死因と死の様態についてはまだ明かされていない」
ミラーは6月14日午後、本誌に対して、調査はまだ進行中であると語った。
「追加情報は、わかりしだい発表される」

ハーシュの死から2週間後にあたる13日、ハーシュの家族は長びく捜査に対する懸念を表明する声明を発表した。
保安官事務所からの当初の発表にもかかわらず、家族はハーシュの自殺は疑わしく、犯罪に巻き込まれた可能性が高いと考えている。

<自殺は考えられない>
「本人をよく知っている人々の見たところでは、落ち込んでいるようではなかった」と、ハーシュの家族は訴える。
「マルコムを知る人はみな、首を吊ったと聞いてショックを受けた。誰も自殺だとは思っていない。遺体の発見現場に居合わせた人々も同様だ」
「自殺だという説明は、本当とは思えない」と、家族は付け加えた。
「私たちは、慰めになる言い訳ではなく、正義を望んでいる」

ハーシュの家族によると、死亡時のハーシュの首にはUSBコードが巻き付けられ、「シャツには血がついていた」という。
「身体に抵抗した跡や、目に見える負傷を示す証拠もなかったようだ」と、家族は言う。
「死に方というものはたくさんあるが、このところの人種問題の緊張を考えると、今の時期に黒人男性が木で首を吊って自殺したなんて、絶対に受け入れられない」

ハーシュの遺体が発見されたのは、5月25日に白人警察官に首を抑えられて死亡したジョージ・フロイドの事件が起きた後、
「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事)」運動の抗議者数十人がサンバーナーディノ郡西部の都市ビクタービルに集まってきた日だった。

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjp

コメントを残す