【薬】歯痛でイブプロフェン服用し全身が爛れてしまった女性 「死の危険もあった」と医師 タイ [ごまカンパチ★]

1:2020/06/07(日) 20:59:02.48ID:mmV+geI69 https://article.yahoo.co.jp/detail/ad266c6a905847bb0cd094bc019cb2a95556a1e6
 歯痛のため、薬局で手軽に購入できるイブプロフェンを2錠服用したタイ在住の女性が、薬物アレルギーを起こして死の淵を彷徨った。
女性は全身が火傷したような状態に陥り、「身体が内側から燃えるような痛みに襲われた」と明かしている。『The Sun』などが伝えた。

タイ東部●●●ブリー県に住むヨシカ・ケーカムさん(Yothika Kaewkham、25)は5月19日、歯の痛みに耐えられず
市販の消炎鎮痛剤「イブプロフェン」を朝と昼食後に1錠ずつ飲んだ。
しかし数時間後、蕁麻疹や発疹、水疱ができ始めて全身が痛み出した。

その後症状は急激に悪化し、ヨシカさんは「身体が内側から燃えるように痛い。もうこれ以上我慢できない」と訴え、
夫のソラサックさん(Sorasak)に病院に連れて行ってもらうとそのまま入院。
ヨシカさんの皮膚の爛れや水疱は急速に広がり、擦れた皮膚の表面がポロポロと剥がれ落ちてピンク色の部分が露出した。
まるで全身を火傷をしたような状態に陥ったヨシカさんは、集中治療室で7日間治療を受け、その後一般病棟で医師の監視下のもとさらに7日間入院した。

退院こそしたものの、医師には「身体が完全に回復するまでにはかなりの時間がかかるでしょう」と告げられ、
ヨシカさんは「薬物アレルギーは本当に恐ろしい」と語っている。

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjp

コメントを残す